サマンサの作品には「日々の生活の中で使う、
その生活そのもの」と言うコンセプトがこめられています。
毎日使うもだからこそ、
自分の家に常にあるものだからこそ美しくあるべきだと、
彼女は語ります。

朝起きて紅茶を飲む時は自分のお気に入りのティーカップで飲み、
食事は食べ物そのものの美も楽しみながらその恵みに感謝して、
それと同時に食事を盛りつけるお皿も特別なものであるべき。
このコンセプトを元に、
創作への思いと自然環境から受けるインスピレーションが、
彼女の作品に表現されます。

人生に対するポジティブな姿勢と、
色やデザインに対する情熱、
アートと共存する機能性が写し出された作品は、
今までもこれからも様々な人を惹きつけます。